借入するには、どこがいい

週末の午後15時過ぎ、もう銀行も開いていない、という時間に、急に「翌日お金が必要になった」ということがあり、プロミスで借入した。数年前のことです。
なぜプロミスにしたかというと、ネットで調べたところ、即日借入が出来る、ということだったからです。
金利については、翌月の給料で一括返済できる予定だったので、私の場合は気にしませんでした。
不幸ごとがあっての出費だったため、何より即日の借入が必要だったからです。「香典を出さない」というわけにはいかないことから、どうしても必要なお金でした。借入をすることが出来たおかげで、無事に香典なども用意でき、本当に助かりました。

実は、そのころ、銀行に貯金はいくらかあったのですが、普段使いすぎないように、キャッシュカードを作っていなかったのです。まとまったお金の場合、知人などにはどうしても借りづらいものです。少なくとも、私は、知人に借りるのは抵抗があります。そのため、あのとき借入しなければ、お金を用意することは出来ませんでした。本当に助かりました。
急な借入にも対応してもらえるのは助かります。消費者金融も、借りすぎずに賢く使えば、本当に便利なものだと考えています。

急な出費も大丈夫

毎月は貯蓄しているのに、なぜか通帳の額は増えないーー。

日々そう感じている人は、少なくないのではないでしょうか。でも、じっくり考えてみてください。たとえば、ここ最近、急な出費はありませんでしたか。

「そう言えば、今月はエアコンを修理したなあ。先月は……、ああ、会社の後輩の結婚式に出たんだっけ」

いわゆる、想定外の支出、急な出費がその理由というわけです。

家賃や光熱費、食費、通信費など、毎月必要なお金をきちんと確保して、さらにお小遣いも少々。そして、残った分は少しずつでも貯金に回して……なんて思いますが、その計画が「突然の出費」のせいで大きく狂ってしまうことは多いものです。そこで今回は、働く女性たちを襲った「突然の出費」について聞いてみました。

みなさんにも突然降りかかるかもしれない「突然の出費」。
急な出費でも慌てない!今すぐお金を用意してピンチを乗り切る3つの方法

急な 出費0
毎月の生活はできていても、予期せぬ出費が発生してお金が足りなくなってしまうことは意外と多いものです。

貯金があればそれを切り崩せば良いですが、毎月生活をするのが精一杯で貯金がまったくない場合、今の状況をどう乗り切れば良いか、頭を抱えてしまう方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな時にぜひ参考にしていただきたい、急な出費が発生した時に今すぐお金を用意する方法をご紹介します。お困りの方はぜひ参考にしてみてください。

この手の支出が厄介なのは、〈たまにあるもの〉と思い込んでしまうこと。しかし、実際は冠婚葬祭や家族の医療費、家電の修理や買い替え、入学や就職のお祝いなど、実は思った以上に多く、金額も小さくありません。